サービスの内容

電話代行サービスでは、どのような業務を行ってくれるのかを知らないと、申し込みをする意味がありません。業務内容は業者や選択するコースによって変わってくるものの、それほど大きく変わることはないでしょう。そこで主なサービス内容を見てみたいと思います。電話代行なので、当然オペレーター対応は行ってくれます。オペレーター対応を行ってくれない業者やコースはまずありません。

また、Eメールやファックスでの報告を行ってくれるのも一般的です。夜間などにも対応してくれる時間外ガイダンスも多くの業者で行ってくれるでしょう。商売を行っていれば、注文の電話にも対応しなければいけないので、電話注文に対応してくれることも多くなっています。会社によっては人数が足らず、求人を出しているところもあります。このような求人への応募にも対応していることが多いでしょう。

最近はカスタマーサポートやWEBサイト照会、WEBサイト入力や予約管理などのサービスを実施していることもあります。ただし、これらのサービスに対応していない業者などもありますし、コースによっては対応していない場合もあるでしょう。申し込みを行うときには、どのようなサービスを行ってくれるのかも事前に確認しておかなければいけません。

24時間対応

最近は夜勤を行う会社も多くなっているので、昼間だけの対応では不十分だと言えるでしょう。そのため、電話代行業者でも24時間対応を行っているところが多くなっています。比較的24時間対応が必要な職場というのはたくさんあるのです。そうなると料金もかなり高くなってしまうのではないかと思う人もいるでしょうが、業者にもよるものの、比較的安価で行っている業者もたくさんあります。

基本的に料金というのは、基本利用料とコール本数によって変わってきます。サービス内容によっては、コール本数が何件までは無料で、制限数を超えると料金が割り増しされるという場合もあれば、最初から件数で料金が決まる場合もあるのです。これは業者や選択するコースによって変わってきます。24時間対応の場合には、あらかじめ件数が決められていることが多いでしょう。

決められている件数よりも多く対応することになれば、プラスアルファーで料金がかかるようになります。24時間対応が必要になるということは、それだけ多く電話が来るケースが多いと言えるでしょう。もしくはいつでもすぐに対応できないといけない仕事をしている場合もあります。特に夜間の電話というのは緊急の場合が多いので、きちんと対応できるように電話代行を利用するのです。

電話代行サービス

電話代行サービスというのは、簡単に言えば電話を掛けた人と、電話を受けた人の中間に立ち、受けた電話の内容を相手に伝えるサービスのことです。まず自分が電話代行の担当者に、相手に伝えたい要件を報告します。報告を受けた担当者が伝えたい相手に連絡をするという方法になります。別名を電話秘書などと呼ばれているのですが、相手がよく不在にしている場合などにはかなり役に立つサービスだと言えるでしょう。現在では携帯電話やスマートフォンを使う人が多いので、あまり不在ということはありません。

しかし、プライベートでは携帯電話やスマートフォンを使用していても、仕事には使いたくないという人が多いのです。会社で支給してくれる場合もあるでしょうが、近年では少なくなっているので、仕事の電話は会社の電話のみで行いたいという人もいるでしょう。そのため、外回りで留守にすることが多い場合には、このような電話代行サービスを利用すると便利なのです。まずは電話代行サービスの内容を理解しておきましょう。

それから複数ある業者の中で、どこを選ぶのかを決めていきます。より高品質な対応をしてくれる業者を選ぶためには、事前の情報収集は欠かせません。料金も業者によって多少変わってくるので、まずは詳しい内容を知るために、資料請求ができる業者も多くなっています。当サイトでは電話代行サービスの内容についての情報を提供しているので、検討している人は参考にしてもらえればと思います。