24時間対応

最近は夜勤を行う会社も多くなっているので、昼間だけの対応では不十分だと言えるでしょう。そのため、電話代行業者でも24時間対応を行っているところが多くなっています。比較的24時間対応が必要な職場というのはたくさんあるのです。そうなると料金もかなり高くなってしまうのではないかと思う人もいるでしょうが、業者にもよるものの、比較的安価で行っている業者もたくさんあります。

基本的に料金というのは、基本利用料とコール本数によって変わってきます。サービス内容によっては、コール本数が何件までは無料で、制限数を超えると料金が割り増しされるという場合もあれば、最初から件数で料金が決まる場合もあるのです。これは業者や選択するコースによって変わってきます。24時間対応の場合には、あらかじめ件数が決められていることが多いでしょう。

決められている件数よりも多く対応することになれば、プラスアルファーで料金がかかるようになります。24時間対応が必要になるということは、それだけ多く電話が来るケースが多いと言えるでしょう。もしくはいつでもすぐに対応できないといけない仕事をしている場合もあります。特に夜間の電話というのは緊急の場合が多いので、きちんと対応できるように電話代行を利用するのです。